今週のメッセージ*自分を見るのを避けていることに気づきましょう:賢者フクロウ

今週のメッセージは森の賢者フクロウです。
多くの存在の師としての呼びかけです。

┃10/17-10/23今週のメッセージ:賢者フクロウ

暗闇に惑わされてはいけない

目を見開き
すべてのありさまを見通しなさい

なぜ目を閉じようとするのか?

すべてを見ることは自分を見ること
自分を見たくないから目を閉じる

認めてしまいなさい

自分を見るのが怖いのだと
それを避けようと必死なのだと

認めればいい

そうすれば何かが開けてくる
それが何かは誰にもわからない

だが確かにいえるのは
それが君たちに必要だということだ

 

┃自分を見るのを避けていることに気づきましょう

頼りになる大師匠の風格でフクロウが説いてくれました。

今の混沌とした世の中をつくりだした主な原因は、私たちが自分自身を率直に見ることを避けてきたからです。

陰謀論や闇の存在を持ちださなくても、特定の人物を悪者に仕立てあげなくても、私たちの浅はかさだけで充分なんですね。

イヤな充分ですけど(^^;)

 

スピリチュアルの知識が出回っている今は、自分自身を見る必要性を知っている人が多いはずです。

ですが、彼らは、正確にいうと彼らのエゴは、核心部分を避けながら無難な気づきを重ねさせ、本人に成長の実感を得させるという非常に巧みな戦略をとっているのです。

ですから、自分ではちゃんと見ているという自覚があるのですね。

なかには自分だけでは物足りずに、集合意識にまで手を出す人さえもいます。
自分自身の核心部分を避けているのに気づかずに。

 

*

今週の流れでいいますと、今週土曜日までは、この辺りの深いところに気づくチャンスです。

23日(日)は二十四節気の霜降(そうこう)ですが、これ以降はいろんな意味で冷え込み、縮小していくようです。

冷え込む前の今、ちょうど満月がどんどん欠けていく時期にもなりますが、この今が余計なものを削ぎ落とすのによい機会になります。

 

率直に、自分自身に問いかけてみてください。

「私は私を見ることを避けているのだろうか?」、と。

もしかしたら、その問いかけの結果は混乱をもたらすかもしれません。

これまで自分が信じていたもの、自分がよりどころとしていたものが、崩れてしまうかもしれません。

 

ですが、

”確かにいえるのは
それが君たちに必要だということだ”

なのです。

必要だということは、その先には混乱はないということです。
核心を見ることを、怖がらなくてもいいということです。

 

自分は大丈夫と思う人ほど、自分自身に丁寧に向き合う必要があります。

真摯に自分に向きあう。

キラキラしたこともない、何か特別なこともない、非常に地味な行為です。
すぐに結果がでるようなことでもありません。

ですが、これこそが本来のスピリチュアルのあり方なのです。

 

奇跡もマジックもワクワクもキラキラも、それらを引き起こすパワーさえも求める必要はありません。

求めるものはただひとつ真理のみです。
大いなるもの、唯一のもの、、、そういわれているものだけです。

つまりは自分自身です。

 

そうであれば、ただ自分を見つめていくことさえしっかり出来ていれば、自ずと収まるべきところに収まっていきます。

一時的な満足に目を奪われて停止してしまうことなく、一時的な混乱に惑わされて諦めてしまうことなく。

ですから、ただただ率直に。
かけがえのないこの自分自身というものに、真心こめて対してあげてください。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
 
ブログランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします

 


<ほろ苦あまいメルマガ>
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒メルマガの登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ