龍たちよ目覚めよ!:白金龍

今回は龍から仲間たちへの呼びかけです。

白金の龍なのですが、、、
ええと、、、私の本性です(^^;)
私自身への喝も兼ねた呼びかけのようです。

白金龍のメッセージ

本性に目覚めよ!
観念して認めよ。
みなが待っている。

観念して認めてしまいましょう

私としては、「観念して」というのがちょっと笑ってしまいました(^^;)
まあ、ほんとうにそうなのですよ。
マイノリティとしては。
人間でないものとしては。

地球や人間に違和感がある人でも、たいていは人なのですね。
宇宙人なので。
なので「人」としての括りでは、今も同じわけです。
ただ、ホームシックになっている留学生のようなもので。

ところが、そもそも人でない場合。
なんというか、人間への否定っぷりが半端ないわけです。
もう人を全面的にバカにしているというか理解不能というか、たんなる迷惑な存在だと思っていたりすることもあります。

人と関わりの深い龍とはまたちょっと違うのですよね。
そういう龍は、天使的というか性質が素直というか、、、
私の場合、自然との関わりだけでした。

ですので、自然をぶち壊してばかりの人間が大嫌い(^^;)
もちろん人それぞれ、龍もそれぞれなので全員が人間嫌いではないでしょうが、自分の力へのこだわり(肯定も否定も)は皆持っているような気がします。

今、人間として生きている龍の多くは自分の本性をとても怖いものに感じています。
こういうことは龍に限らず、人というのは本来すばらしいはずの自分の本質を認めるのが怖くて、なんとか目覚めないようにエゴが日々頑張っています。

そして、龍の場合はルーツが人でないというかけ離れ感がありますので、なおさら自分の本性や力が異質なものに思えて抵抗が大きくなります。
私もまだまだ、自分の力が怖くて無意識にセーブしてしまいます。
その辺りが、「観念して」というフレーズにつながったのかなあ、と思いました。

そして、龍であることを自覚するのはいいのですが、ひとつ気を付けないといけないことは、くれぐれも人間をバカにしないこと(^^;)
今、自分は人間であることをしっかり自覚して受け入れて、人間であるこの人生をしっかり生き切ると決めること。

この辺りは、宇宙人系の人も同じです。
今まさに自分は人間として生きていることを受け入れることができなければ、結局、自分をすべて受け入れ愛することはできませんので。
自分をすべて受け入れることができなければ、今生で成し遂げなければならないこともできません。
もう、私は宿題の持ち越しはしたくないです(^^;)

うすうす感じている方も、まるきり心当たりのない方も、この記事を読んだことに何か意味があるかもしれません。
ビビビッ!ときたら、観念して自分の本質そのままを受け入れていこうと決めてください。
そうすれば、自分が本来何者であるかが、だんだんわかってくると思います。

龍だった人も、宇宙人だった人も、その他いろいろな人も。
もう、出しちゃってもOKな時代になりましたので。
村八分にも死刑にもなりませんから。

自分をそのまま、出しちゃってください。

(画像は多頭の西洋型のブラックドラゴンだったうちのネコです。)


最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓

<ほろ苦あまいメルマガ>もどうぞ
チャネリングの裏話や、ブログではちょっと書けないフカい話などをお届けしています。
⇒メルマガの登録はこちら