夏休みは自然とふれあいましょう

今週末から夏休みの方も多いかと思いますが、今回はこれからしばらくの間心掛けたいことについてです。

 

*
私は基本的に出不精で体力も気力も薄弱なので、あまりお出掛けしないタイプです。
ところが、先週は私としては驚異的なほどに活動しました。

といっても、電車で1時間もかからないところなのですが(^^;)
そして先週1週間のうちで2回なのですが(^^;)

それでも、私としては驚異的なんです。

 

ところで何をしたのかというと、自然を満喫してきました。

といっても、大自然の真っ只中ではなく公園なのですが、近所の公園と違ってだいぶ大きく自然を感じることができるところでした。

ひとつは海っぽいところ、もうひとつは川沿いの林っぽいところです。

 

そこで気づいたのですが、普段、街なかを散歩するときより全然疲れないのですよね。
なので、ちょうど曇りで少し気温が低いこともあって、鳥を見るために足を止める以外はさくさく歩いていきました。

交通量が多い道路もそれほど遠くないところにあるのですが、それでも自然の力というのはすごいもので、人には不可欠なものなのだと改めて思った次第です。

 

実は今回、思い立って出かけることになったのは、この頃思いがけないことで急に時間に余裕ができたからなのでした。

そして今日は、休息のため近所のお店でコーヒーを飲んでいたのですが、そこで今この時期に余裕ができた理由がわかったんです。

 

といっても、絶対的真理以外のものはすべて多層的・多面的ですから、あくまでも「ある側面においての理由のひとつ」にしか過ぎません。

これはスピリチュアルなこと、現実的なことすべてにおいていえることですが、ネットが盛んになるにしたがって、何かひとつの見方を絶対的なことのように捉える傾向が強まっていますので、発信する側も受け取る側も注意が必要です。

 

*
動物たち、そして妖精や精霊が移動する様子が見えました。
それは、これまでの動物の世界(次元)から、大地や植物たちと同じ世界への移動のようです。

ところで私たち人間も動物です。
今は人間も移動すべきときのようです。

 

といっても、特別なことをする必要は何もありません。
自然の中、今回の私のように自然っぽいところでも十分です、とにかく自然の中に入っていって自然とふれあいましょう。

草、木、鳥、虫、川、海、山、、、
自然の中で過ごしてみましょう。

欲張らなくて大丈夫です。
ちなみに私は2箇所とも滞在時間は2時間弱くらいでした。

また、いつも自然に囲まれていると改めて目を向けることもなくなります。
そういう方は、自分が恵まれた環境にあることを再認識して、周りの景色や生き物を愛でましょう。

 

くれぐれも注意していただきたいのは、意図を混ぜないことです。
パワーをもらいたいとか、自然と同調しようとか、欲を出さないでただ自然を楽しむだけでいいんです。

 

大地に座って瞑想で自然と一体となる、とかもやめましょう。

これは真理や無などを瞑想の目的にするときも同じなのですが、真実ではなく自分の概念の世界に入り込むだけなのです。

そしてそれを、真実だと勘違いしてひとり気持ちよくなっているだけ、というのが昔も今も、多くの人が陥っているところなのです。

 

動物たちは自然と一体となろうとしてなっているわけではありません。

人間だって動物であり、自然の構成要素のひとつなのですから、おかしな意図を混ぜなくたって自然の中にただそのままいれば、それで十分です。

仮になにも起きなかったとしても、それはなにも起きないということが起きているということです。
あるいは、起きていることに気づけないだけかもしれません。

どちらにしろ、ああなりたいとか、こうあるべきとか、そういうものは不必要です。

 

ところで動物や妖精・精霊がなぜ大地や植物に遅れている(ように見える)のか、と疑問に思うかもしれません。

動物ならではの肉体の縛りからくるエゴの強さというのがあります。
また、妖精・精霊たちは肉体はなくても純粋な意識体としてエゴを持っているので、かえってエゴに縛られやすくなります。

ちなみに多神教の神々は力の強い精霊といえます。
なので、神話に見られるようなドロドロの愛憎劇なんかもあったりするのですね。

と、話がそれました、、、(^^;)

 

*
最後になりましたが、自然の中、たとえ街からさほど離れていないところであったとしても、自然に対してはくれぐれも慎重に接する必要があるということです。

台風の最中ですが、こうした時に限らず、いつでも自然は人間の「これくらいなら大丈夫だろう」を超えてきます。
膝下くらいの水位でも、足をとられて重大な事故になったりします。

 

今週末から夏休みの方も多いと思います。
いつでもどんなときでも、家を一歩出たら常に時間にも気持ちにも余裕をもっていきましょう。

「せっかくの休みだから」と欲張らず、休みの時そのものを味わって楽しんでください。

 

それでは、みなさまよい夏休みをお過ごしください(^^)

 


<SNS>
・インスタグラム ・アメブロ


最後までお読みいただき
ありがとうございます
 
ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いいたします