8月のメッセージ*流れに任せていきましょう:玄武

今日から8月です。

┃8月のメッセージ:玄武

終わりを告げる鐘の音
打ち鳴らすのは何か

水 水 水

のみ込まれるのだ
すべて

冷たい熱い水
極まることはない

すべてが死に絶えたとき
きらめきの中の若葉

流れに逆らってどうする?

その身を浸す水に
ただ任せていくがよい

 

┃流れに任せていきましょう

玄武は中国の四神のひとつで、亀と蛇が絡まった姿の霊獣です。

北を司り、季節に対応させると冬となりますので、「終わり」「冥界」などと関係してくるようです。
また、水神ということですので、今回のメッセージはそうした玄武の性質を反映しています。

 

今は、みんながぬかるみの中を歩いている状態です。
足元、もっといえば首元までもどっぷりはまっている感じです。

そして、一歩すすめばそこは底なしとなっていて、ずぶずぶと沈み込んでしまうかもしれません。
ですが、先の様子はまったくわからないまま、ただ進むしかないという状況です。

 

お天気ひとつとっても、この頃東京では梅雨に逆戻りしたかのような日々ですし、晴れている地域では暑さが厳しくなっています。

体力的にも気力的にも消耗が激しくなっていますので、実際ぬかるみの中にいるようだと感じることもあるかと思います。

 

お天気は全体の現れのひとつですから、今はすべてがこんな感じということになります。
ですが、というより、だからこそ、ただそのまま流れに任せていきましょう。

はまり込んで深淵に引きずり込まれても、ちょっと足をとられるくらいですんでも、まるきり何ごともなくても、それはそれでいいのです。

 

すべてのものは、全体の流れの中にあるということです。
少しくらい途中で引っ掛かったり、水の中に消えたように見えたとしても、流れていきます。

 

体調を崩しがちなときですから、自分や周りの人に気を配ってあげつつ、やることはやり、やらないことはやらず、ただ一日を過ごしましょう。

その繰り返しです。

それでいい、ということです。

 


<SNS>
・インスタグラム ・アメブロ


最後までお読みいただき
ありがとうございます
 
ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いいたします