今週のメッセージ*自分自身をそぎ落とすとき:アポロン、龍、天使

アポロンやヘルメスなど、聡明さ・正しさ・知恵などに関わるギリシャの神々が会議をしています。
話しているのはアポロンですが、途中で龍や天使も登場してきます。

┃5/8-5/14今週のメッセージ:アポロン、龍、天使

さてさて
どうしたものか

この頃の騒がしさ

今に始まったことではないとはいえ

我ら知恵ある神を寄せ集め
ああだこうだと議論はするが

 

はてさて
これはどうにかすることか?

放っておくのがよいようだ
あいつら(龍)も傍観を決め込んでいる

(龍がアポロンたちにアドバイス)

何々?
やっても無駄だって?

なるほど今は動くべきときではないと

 

ああ 天使から横槍が入った

「あなたがたも見守ることを覚えてはどうか」と

癪に障る言い方だが
一理あることは認めよう

つまりは
我らのようなものたちが及ばないところで
人間たちの動きがあると

それではお手並み拝見といこうか

 

┃自分自身をそぎ落とすとき

ギリシャの文化は、今の世界の主流である西洋の文化に通じています。

ざっくりした例えですが、日本やネイティブ・アメリカンなどは、自然に対してあらがうことはありませんが、西洋式の考えではダムをつくったりして相手を自分たちにあわせようとします。

人間がものごとをコントロールするために、あれこれ作為を働かすのが西洋式です。

ということで、ギリシャの神々も人に対して、今のこの世界に対して、何かをしようと話し合っていたようですが、結局手は出さないことにしたようです。

 

この世界のあり方は人々のあり方次第なのですから、まずは人々が自分自身に向き合う必要があります。

もちろん目に見えない存在の働きかけもあったりしますが、まるきりあてにするようなものではありません。

このようなことは基本的なことなのですが、今回のアポロンの話しにはまた違う意味も含まれています。

 

今週は特に、人々が及ぼす影響が強くなるようです。

自然の気や、見えない存在の働きかけは人の力の影に隠れてしまうような感じです。
そのため、龍がやっても無駄だといったのですね。

11日は満月ですが、今回は満月単体でどうのこうのというよりは、26日の新月のための満月、という感じがあります。

 

しばらくは、プラスにもマイナスにも大きく振れやすくなります。

こういう時に気をつけることは、自分自身をよく見る、特に内面をよく見ることです。
日頃見落としていたり、ざっくりしか見ていない自分自身の感情、思いなどときちんと向き合ってみてください。

それは直接的に今後の展開への準備となります。
肥大した自分という幻影をどれだけそぎ落とすことができるか、ということです。

 

人そのものの力がストレートに出やすい今は、満月が欠けていくようにどんどんと自分をそぎ落とすのに、ちょうどいいときです。

 


<SNS>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


最後までお読みいただき
ありがとうございます
 
ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いいたします


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。