今週のメッセージ*天地自然に沿う:水神

今週は水神です。
龍でもありますが、今回は女神の姿で現れました。

┃5/1-5/7今週のメッセージ:水神

流れています

滔々と流れるのは
時間 水 光
凝り固まっていたものさえも

流れの中にあってなすべきことは何か?
何もありません

すべきこと
このようにあらねばならないという強烈な観念

手放すことがあなたにはできますか?

 

┃天地自然に沿う

私たちの内奥にしっかりとした流れがあらわれてきました。
これは古いものを洗い流していくものです。

この流れは個人の内側だけにあるというのではなく、全体に通じています。
イメージとしては、ひとつの大きな川の流れの中のあちこちに人がいるような感じです。

 

老子の言葉に「無為自然」というものがあります。
これはまったく何もしないということではなく、結果を求めて行為をすることがないということです。

結果を捨て、行為を捨てるということは、自分を捨てることと同じことです。
結果を得るのも、そのための行為をするのも「自分」があるからこそなのです。

 

ですが、人は何かを成すことこそに生きる意義があるという非常に強い思いこみがあります。
「あるがまま」はたんなるはやり言葉で、結局は、ただあることに心底納得できていないのです。

自分を捨てたからといって、現に肉体を持つ自分が失くなるわけでも、行動した結果がでないわけでもありません。

認識の方向が違うというだけです。

 

ほとんどの人は ―自分はそこそこわかっていると思っている人でも― 自らがあたりまえとしていること、あたりまえすぎて意識していないこと、わかっていると思っていることは、実のところはまるきり違っています。

違うといっても、◯か×か、というようなことではなく、そういう段階を超えたものである、ということです。

人々の認識が間違っているというのではありません。
ただ、それらを超えたものが、唯一確かであり永遠である真理だ、ということです。

 

*
内側の流れは人により様々な事象を起こすかもしれませんが、それはすべてがひっくり返ることに通じているからこそです。

よくないことのように思えても、すばらしいことのように思えても、それはあくまで限定的な認識でのことだと知っておきましょう。

 

そうすれば、自分に対しても他人に対しても、慢心したり卑下したりすることも減り、できごとに対して過剰に反応しにくくなります。

そして、そういう状態はとても楽だということに気づいていきます。
それが自分にとってはあたりまえになってくると、さらに楽になっていきます。

 

「自分」に限界があることを認めるのはとても難しいことです。
ブロックや思いこみの解放で願望実現する、というような自己啓発的な限界は、層の浅い部分の話しです。

そこを突き破って、こんどは限界を認め、さらに、、、
ということです。

 

何を求めるか、どうありたいかは人ぞれぞれですが、天地自然(地球)そのものだったり、同調している存在たちは、ほとんどの人が求めている以上のことを人に求めています。

限定的な自分の想定をはるかに超え、層を突き破るには、それらに沿っていくのが一番スムースだといえます。

 


<SNS>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


最後までお読みいただき
ありがとうございます
 
ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いいたします

 


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。