今週のメッセージ*固定観念から自由になれ:弥勒菩薩

12日には満月を迎えます。

┃3/6-3/12今週のメッセージ:弥勒菩薩

久遠の響き
そこかしこに行き渡る

墨染めの衣を脱いで
白衣のまま歩め

光輪をまとい
それぞれに歩む人々

自らの中にしか
求めるものはないと知れ

 

┃固定観念から自由になれ

組織宗教のものも、そうでないものも、昔々からスピリチュアルに関して積み上げられてきたおびただしい量の概念やイメージがあります。

今風のスピリチュアルでも、規則や作法がゆるくなったくらいで根本的には変わっていません。

そして、今生でスピリチュアルや生き方に関して興味がある人というのは、いくつもの前世でそういう価値観に縛られて生きてきました。

 

”墨染めの衣を脱いで
白衣のまま歩め”

メッセージでは、古くからのスピリチュアルに縛られた人を、墨染めの衣を着た出家者として表現し、それを脱げといっています。

つまり、先人が積み重ねてきた数々の知識、概念、イメージ、作法など、スピリチュアルの教えをすべてを捨ててしまえ、ということです。

といっても、伝えられてきたものをすべて否定するということではありません。
活かすにしろ、捨てるにしろ、教えから自分自身が自由であればいいのです。

 

誰もが、仏像の後ろの光(光背)のように光を放つことができます。
そもそも私たち自身の本質として、光があるからです。

今はもう、地球全体が重く縛られていた頃とは、大きく状況が変わっています。
ところが、環境が変わったというのに人間は相変わらず昔のままの概念を強固に持ち続けています。

本質のままであるために最も妨げになっているのは、この自分自身に深く根付いている固定観念です。

一見、新しいことを志向しているようでも、その内実をよく見てみると古いまま、ということがほとんどです。

 

今現在、完全な覚醒状態でないことが、何らかの固定観念に縛られていることの何よりの証拠ですので、まずは自分が縛られていることを率直に認めましょう。

そこを認めたくないのは、そうすると自分が前世からずっとやってきたことが無駄だと認めることになると思っているからです。

ですが、前世でも、そして今も、すべてはそのようであったからそうであったのですから、無駄だとか意味がないとかを恐れる必要はありません。

 

本質のままであるということは、自分のありのままということなのですから、まずは過去の自分も今の自分も含めてすべてを率直に認めることが第一歩になります。

認める、つまりすべてを曇りなく見ることができれば、自分を縛っているものから影響を受けることなく自由になれます。

 

見えるものがたとえどれだけ自分にとってよくないもののように思えたとしても、それを滅しようとか手放そうとかしないでください。

どうかして敵をなくそうするその行為こそが、「敵」と認識しているものに自らを縛りつけることになります。

何の意図も交えずただ見るということは、本質のままであるということですので、見ることそのものが自由であることにもなるのです。

 

*

それでは、今週の気(エネルギー)の状況についてです。

今週は週のなかば、そして週末に大きなエネルギーが動く気配があります。
そのため、突発的なできごとが起きやすくなります。

こういうときは、体調も崩れがちです。
今は季節の変わり目ですし、花粉も飛んでいますので、いつも以上に慈愛を心がけましょう。

お出掛けは無理して遠出したりせず、近所で余裕を持って過ごすのがおすすめです。

 


<SNS>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


最後までお読みいただき
ありがとうございます
 
ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いいたします