今週のメッセージ*天空の鷹から人々へ、遥かな高みへのいざない

今回はホルスやゼウスなど、鷹に仮託された神々の元となった要素からです。

┃1/9-1/15今週のメッセージ:天空の鷹

霧の中 八方塞がり
右往左往して 道を失う

霧が立ち込めているのは
おまえの心

それを晴らすのは
おまえの太陽

そうだろう?
知っているのだろう?

知らないとは言わせない
おまえは確かに知っている

知っていることを否定するのはずるいことだ

 

なぜ人間はそうまでして
「自分」であり続けようとするのか

エゴだか自我だか知らないが
人間の心をわかったように講釈するのはやめてくれ

エゴを捨てる?
悟りを開く?

おまえたちはよほど戯言が好きなようだ

自らのままであることが
そんなに難しいわけがないだろう

 

ああ
飛んでみろ

遥か高く飛び上がってみろ

その翼はなんのためにある?

鳥が飛ぶのは当たり前だ
ならばおまえたちは飛べるはず

我々と一緒なのだから

こっちへ来い
我々はいつでも迎え入れる

高く飛んでこい

 

┃天空の鷹から人々へ、遥かな高みへのいざない

来月4日の立春を前にして、来週17日からは土用に入ります。

流れを読んでみると、土用より一足早く、15日くらいから切り替わりそうな感じです。
自然のエネルギー(気)は、しばらくは霊的に停滞しやすくなりそうです。

 

年が明けて、まだまだ清々しさが残っている今のうちに、できるだけ自分自身のための時間をとるようにしていきましょう。

本を読んだり、じっくり体と向き合ったり、自分の内側を見つめたり、「深く自分自身のためになる」と思ったことを、思いつくままにやってみてください。

 

◯◯せねば!、と余計なところに力が入って、作為ばりばりだと、何ごともうまくいかないものです。

前回の龍も、今回の鷹も、同じく余分な力を抜くことを求めているといえます。
人間本来の当たりまえの姿になるのですから、余計な作為は不要ということです。

加えて、今はまだまだ霊的飛躍(大きな気づき)が起きやすくなっています。
変に気合を入れず、流れのままにいってみましょう。

 


< おすすめ記事・関連記事 >
・2017年のメッセージ:春霞の龍

   >>おすすめ記事をもっと見る


<ほろ苦あまいメルマガ>
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒メルマガの登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


最後までお読みいただき
ありがとうございます
 
ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いいたします

 


ちくめぐみ
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。