実際のところ今は大チャンスです:大天使ミカエル

前回に引き続き、神の使としての本気モードの大天使ミカエルです。

┃大天使ミカエルのメッセージ

私が来たという意味がわかっていますね?
私はあなたがたを神のもとに引き上げるためにいるのです

今がこの時であるとわかっていますよね?
ならばなぜ そのようにあらがうのです?

行け!
我らが父のもとに

そこにしか自分の居場所はないことを知れ!

 

┃実際のところ今は大チャンスです

この頃のスピード感といいますか、時間が音を立てて崩れ去っていくような感覚といいますか、そういう感じはものすごいものがあります。

今、地球自体が高速ジェットエンジンをばりばりに働かせて、次なるステージにぶっ飛んでいる、というようなことです。

この頃の寒さもあいまって体調を崩している方も多いようで、キツいことはキツいですが、実はものすごいチャンスでもあります。

 

ところで、大天使ミカエルは前回に引き続きいての登場となりましたが、よりストレートなメッセージとなりました。

これらのミカエルは、一般的なイメージの彼とはちょっと違うように思われたかもしれません。

ですが、本来の天使というのは神によって神のためにつくられたものです。

人々が神を正面から見据え、神にのみ生き、神と等しくなることを促すことが、彼らの存在意義であり唯一の目的です。

 

天使に限らず目に見えない存在というのは、通常人が認識できる姿形はありません。
相手の求めるところや段階に応じて、その人にあった形で現れます。

ミカエルはイケメンヒーローだったり、おちゃめだったり、戦士だったりしますが、それは本来の姿そのものではなく、現れ方のひとつです。

 

また、元々の天使の性質だけでなく、キリスト教の普及過程で多神教の神々や精霊の性質を加えられたり、信仰する人々の願望も付け加わってきました。

今でしたらオラクルカードの影響が強いですから、カードの世界観が反映されていたりします。

そういういくつもの仮の姿を突き抜けて本来の天使に対するには、自分が常に本質のみを求めようとすることが必要です。

 

*
そしてこれは、ミカエルが神というところのもの、つまり大いなるもの、唯一なるもの、すべてのもの、真理、根源等といわれるものについても同じです。

人間が付け加えた余計なイメージ・概念をいっさい取り去った、至高であり究極であるそのものを求める人はあまりいません。

それぞれの人が、それぞれが望む範囲で、自分に都合のいい「神」を求めています。
それはすなわち、本来のあり方から逃げているということです。

 

改めて問いなおしてみましょう。
自分が求めている「神」は何なのだろうかと。

果たしてそれは、ほんとうに自分が望むものなのだろうか。
ただの一時的な自己満足なのではないか。
自分は何かをごまかしているのではないか。

自分が今信じていること、果たしてそれは、、、?

 

正真正銘の神にのみ意志を向けたとき、地球の猛スピードに乗ることができます。

なぜなら、地球は地球本来のあり方を求めているからです。
そして私たちが求めることはただひとつ、自分本来のままであるということなのですから。

そして私たちは大いなるもの、つまりミカエルが神というものとまったく等しいのですから、本来の自分を求めることは、すなわち神を求めることになります。

 

だからミカエルはこう言うのです。

”そこにしか自分の居場所はない”

 

実に、まったく、”そこにしか” ないのですね。

キラキラした未来でもなく、すばらしい高次世界でもなく、故郷の星でもなく、あるいは絶望の闇でもなく。

 

あなた自身の真の居場所を、求めてください。

「求めれば与えられる」

そのことを、単なる願望実現の手段としてではなく、真の意味において、一人ひとりが実現するときです。

 


< 関連した記事 >
・一時しのぎではなく永遠を目指しましょう:イエスの神

< おすすめの記事 >
・人間よ真の創造主であれ:万物の創造神
・徹底して不完全な人間だからこそ完全への飛躍が可能となる
・前世のスピリチュアルな経歴が真の変化を阻んでいる


<ほろ苦あまいメルマガ>
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒メルマガの登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


最後までお読みいただき
ありがとうございます
 
ブログランキングに参加しています
よろしければポチッとお願いいたします