秋分のメッセージ*何の検討もせず真実に飛びつくのはやめましょう:北欧の女神フレイヤ

秋分を迎えました。

┃秋分のメッセージ:フレイヤ

もう少し細やかにものを見ていきませんか?

鵜呑みという言葉がありますね?

何の疑問も持たず何の探索もせず
まるごと飲み込むことは

知性ある人間のする技でしょうか?

もっと考えたほうがいいですね

あなたが真実だと思ってることは
ほんとうに真実なのでしょうか?

もうごまかすのはやめてください

 

┃何の検討もせず真実に飛びつくのはやめましょう

フレイヤは北欧神話の地母神ですが、今回は特に「生と死の女神」という性格で現れました。

ということで、今回はちょっと辛口というか、厳しさをみせています。
ですが、こうやって神々が苦言を呈するほどに、今の私たちは情けないものになっているようです。

 

秋を迎え地球全体が新たなステージに入り、秋分となってまたさらに変化が深まっていきます。

そういうなかで私たちにも、様々な変化・気づきが訪れています。
ですが、一方であまりにも迂闊なのですね。

これは、よく言われるような正しい人たちと間違っている人たちの対比ではないです。
そんなことは関係なく、まったく私たち全員のことです。

 

自分が見たこと、人から聞いたこと、ネットで見かけたことといった外側からのもの。
感覚、メッセージ、ビジョン、ひらめきといった内側からのもの。

どちらも何の検討もなしに信じるものではありません。

 

SNSでは、特に深く考えずにシェアやリツイートがされたりします。
いざとなれば自分の意見ではないからと他人の責任にできるからです。

ですが、記事を読んでなるほどと思った際、それをさらに検索する人がどれだけいるでしょうか。
情報源(ソース)は何なのか、違う意見はあるのか、吟味する人は少数派です。

 

たいがいはぱっと見かけた記事に飛びついておわりです。

他の記事を見る場合でも同じような主張にしか興味をもたないですし、仮に違うものを見かけたとしても、まったく無視するか反発するかになりがちです。

ネット用語で「情弱(情報弱者)」と揶揄されたりするのは、こういう迂闊さがあるからなのですね。

 

実際のところ、この世の真実をすべて把握することは不可能です。
なぜなら見方によって時によって変わる相対的な真実だからです。

そういう中で自分ができるだけ大きく、多角的に、ものを見るように心掛けていく。
そのうえで、その人それぞれに選べばいいし、選択せずにそのままにしておいたっていいのです。

 

あともうひとつ、とても危なっかしいのが、自分の内面からきたもの、スピリチュアルな能力によって得たものは、絶対的な真実だと勘違いしがちということです。

災厄のビジョンとかも含め、こうした霊的事実とどうつきあうかは、多くの人が霊的に目覚めている今、とても大切です。

これにつきましては、また次回にお話させていただきます。

 


*お知らせ*
10月16日(日)に都内でお話会を開催します。
詳細は こちら をご覧ください。


最後までお読みいただきありがとうございます。
 
ブログランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします

 


<ほろ苦あまいメルマガ>
天地のエネルギー(氣)の状態、注目したいことなど、スピリチュアルなお話しをお届けしています。
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒メルマガの登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。