すべての認識をひっくり返してみろ:オーディン

今回は北欧神話の最高神オーディンです。

┃オーディンのメッセージ

ひっくり返ってみろ

おまえの今の認識を
すべて逆さにするのだ

油断するな

残りカスに騙されるな

すべてをひっくり返すのだ

中途半端で満足するな

すべてを創り変えろ

すべてを更新せよ

人間どもよ!

 

┃すべての認識をひっくり返してみろ

オーディンには、ルーン文字の秘密を知るために世界樹ユグドラシルに逆さ吊りになったという神話があります。

ウェイト版タロットの大アルカナ「12.吊された男」は、この神話をモチーフにしています。
今回はそんなひっくり返る名人?ともいえるオーディンからのメッセージとなりました。

 

オーディンは、私たちが持つ認識すべてをいったんゼロにするどころか、まるきり逆にするくらいやってみろ、と挑戦しています。

そのくらいやらなきゃ、すべてを変えることなんてできないよ、という挑戦です。

それこそ、「ネコはかわいい」という私にとっては鉄壁の事実であってもです。
まあ、それは「かわいい」でいいですけど(^^;)

 

しかし、それくらいの勢いで自分がよしとしているもの、悪しとしているものを徹底的に、逆さまの視点で眺めてみる必要があります。

自分が醜いと思っていたものは、実は美しいのではないか?
悪と思っていたものは、善なのではないか?
正しいと思っていたのは、誤魔化しなのではないか?

 

これは、いわば「気づきの強制発動」ですね。

その結果、これまでの認識がより盤石になるか、音を立てて崩れるのか、何だかよくわからなくなるのか、、、

ただ、ひとついえるのは大転換には大転換が必要だということです。
ひっくり返ってみるということそのものが、大転換です。

 

特に、スピリチュアルな思い込みというのは他のどんなことより強かったりします。

聖であるから、高次であるから、普通の人たちと違うから、、、
一旦刷り込まれたものは、強力にその人を捉えますし、本人も決して離そうとしません。

なぜなら、それが自分が「一般人とは違う特別な人」である証だからです。
「自分はわかっている」という優位な立場を崩したくないからです。

それこそ、世界樹に逆さ吊りになってみなければ発想の転換ができないくらいに。

これまで自分がこれだ!、と思ってきたものを、疑ってみましょう。

 

また、どんどん全体の変化がすすんで、私たち一人ひとりにも様々な気づき・変化が訪れています。
ぱあっと、視界が開けたかのように思えることも、あるでしょう。

だからこそ、なのですね。

その新たな認識に、驕りを重ねてしまっては何にもなりません。
その新たな認識に、微妙なズレがあるのかもしれません。

 

とにかく

”油断するな”
”中途半端で満足するな”

と、いうことのようです。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
 
ブログランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします

 


<ほろ苦あまいメルマガ>
天地のエネルギー(氣)の状態、注目したいことなど、スピリチュアルなお話しをお届けしています。
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒メルマガの登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ