「みなさんにもっと来て欲しい」:天照大御神

*8月3日撮影。

 

東京大神宮で天照大御神からみなさんへのお願いがありましたので、お伝えいたします。
東京大神宮では天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)とお呼びしています。

┃「みなさんにもっと来て欲しい」:天照大御神

天照大御神といえば、日本の総守護神です。
その、日本全体をお見守りくださっている天照大御神が、みなさんの助けを求めていました。

これから日本は様々な困難に直面していきます。
はっきりと形になるものも、形にならないものもあるでしょうが、どちらにしろこれまでとまったく違う段階に入ります。

ということは、天照大御神はますます忙しくなるということです。
そんな天照大御神のために、私たちの真心というパワーを捧げましょう。

 

天照様からは、このような言葉がありました。

「みなさんにもっと来て欲しい」

神宮とか、天祖神社など、みなさんのお近くにある天照大御神をお祀りしている神社にお参りにいきましょう。
摂社としてお祀りしているところも以外とありますので、近所の神社を調べてみてはいかがでしょうか。

神前では、天照大御神を思って心を鎮め、手を合わせます。
直接お参りできない人は、ご自宅で同じようにします。

 

ただし注意点があります。
お参りの際、余計なことは一切不要です。

守ってくださいとか、パワーを送りますとか、そのような言葉、行動、思念はかえって邪魔になります。
というのも、私たちは人間ですので、そこには必ずエゴが入り込むからです。

未来への不安や恐れから発する願いや、ライトワークしている自分への満足感などがあると、せっかくのエネルギーが歪んでしまいます。

こういうことは以前からあったことですが、今年に入ってからは歪んだエネルギーの影響がますますマイナスに働くようになっていますので、気をつけましょう。

 

天照大御神が必要としているのは、みなさんの真心だけです。
心を天照大御神に向けさえすれば、それでいいのです。

光をおろすとか、特別なワークはまったく必要ありません。
心を差し向けること。
これだけでいいのです。

 

東京大神宮の境内には稲荷社があって、いつも軽妙な感じで、それでいて男子として女子の天照大御神を支えて見守っています。
なので、私はここのお稲荷さんが大好きなのですが、今回はとても神妙な面持ちでした。

私たち人間が、神々の本気に応えることができるのかどうか。
それはつまり、私たちがどれだけ本気で今までの自分を越えようとしているかどうか、です。

そしてそれが、私たちの住む日本が、そして地球が、生まれ変わることができるかどうかに直接的につながっていくのです。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
 
ブログランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとお願いします↓

 


<ほろ苦あまいメルマガ>
天地のエネルギー(氣)の状態、注目したいことなど、スピリチュアルなお話しをお届けしています。
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒メルマガの登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。