今週のメッセージ*大宇宙のスケールでゆったりいきましょう:天の川銀河

今回は私たちが属する天の川銀河です。

┃8/15-8/21今週のメッセージ:天の川銀河の意識

まだ幼い私たち
宇宙の中の幼子のよう

きょうだいたちはそれぞれに
互いの行く末を見つめている

宇宙の始まり
宇宙の終わり

星のいのち
人のいのち

すべてが瞬く間に
永遠の瞬き

 

┃大宇宙のスケールでゆったりいきましょう

今週は、お盆休み明けですし、ゆるゆるした感じになりそうです。
天地自然のエネルギー(気)も、それほど動きはなさそうな感じです。

お盆が過ぎると急速に秋に向かっていきますよね。
今日、近所の神社に9月に行われる秋の例祭のポスターが貼ってあるのを見かけました。

今年の夏、東京は日中は暑くても夜になると涼しい風が吹いたりして、例年よりずいぶん過ごしやすかった気がします。

 

大きなスケールで、何ごとも見ていきたいですね。
そういう点では、科学が発達した恩恵を私たちは受けているといえます。

昔々は、宇宙は閉じられた空間のような感じでした。
地球を中心にしたドームの天上に星がぶら下がってる、というような。

地球が中心の、小さな小さな世界。
これでは、人々が自己中心的な狭い視点でしかものを見れなくても仕方なかったのかもしれません。

 

ですが、この地球は太陽系の中のひとつの惑星にすぎず、太陽系は銀河系の片隅の地味な銀河にすぎず、天の川銀河のような銀河は宇宙にいくつもあり、さらに宇宙自体もいくつもあるかも、、、

こういうことを、CGのお蔭で目で見ることができるのも大きいですよね。
話だけではピンとこないものが、映像を見るとぐっと入ってきます。

 

といっても、昔の考えがまるきり間違っているわけでもありません。
「地球のために他のものがある」というのは。

昨日のブログには木星の衛生が登場してくれましたけど、すべては地球につながっているのですよね。

 ⇒『すべてのものが既存のシステムを超えて自分を生きるときになりました:木星の衛生ガニメデ』

 

そして今の私たちは、地球もまた、他のすべてのためにあることを知っています。

すべての個は、他のすべての個と全体のためにあります。
また、個は個でありながらそれ自体で全体でもあります。

このことさえ忘れなければ、日常のスケールに目線を戻したとしても、ゆったり大きく構えることができます。

同じ街の風景を見ていたとしても、それだけで終わっているのか、それとも背景には大宇宙が広がっているのか。

ゆるゆるとした感じになりそうな今週は、私たちもゆったり大きくいたいですね。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
 
ブログランキングに参加しています。
↓よろしければポチッとお願いします↓

 


<ほろ苦あまいメルマガ>
天地のエネルギー(氣)の状態、注目したいことなど、スピリチュアルなお話しをお届けしています。
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒メルマガの登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。