自分を疑うことから自分への慈しみが始まる:天帝

今回は天界の主です。

┃天帝のメッセージ

良いことも悪いことも

喜びも苦しみも

同じこと

違うのはただ心による

心の違いを生み出すのは何か?

疑いである

自分から生じたものを疑いなさい

それが自分であると決めつける前に

あなたがたは実に屈折した表出の仕方をしている

そのことを認識しなさい

 

┃自分を疑うことから自分への慈しみが始まる

ほんとうの自分が望んでいること。
エゴ的な潜在意識が望んでいること。
顕在意識が望んでいること。

全部がバラバラ、というのが人間の基本モードです。
それに、すべてを明らかに知るなんてそうそうできることではありません。
だからこそ、疑う必要があるのですね。

 

何かに対して、何らかの反応をする自分。
その反応は、果たして「ほんとうの自分」なのか?

いじけている自分、怒っている自分、悲しんでいる自分、喜んでいる自分。

それは積み重ねてきた思考パターンによって、自動的に反応しているだけではないか?
ほんとうの自分は果たしていじけているのか?怒っているのか?悲しんでいるのか?喜んでいるのか?

 

私たちが何の疑いもなく自分だとしているものは、ほんとうの自分なのか?

何の力もない、取るに足らない、何をしてもダメ。
ほんとうに?

今のままが最高、私はこれでいい、これが私、私は幸せ。
ほんとうに?

自分で自分がわからない。
ほんとうにわかりたいと思っているのか?

 

日曜の夜に、面倒な問題を提起してしまって申し訳ないですが、、、(^^;)
疑うことは、自分自身をよく見てあげることのスタートなんですね。

これからは、自分自身をどれだけ大切にできるか、自分自身に誠実に取り組めるかであると、何度かお話しさせていただいています。
変化の年である2016年後半に入ったこの7月は、このことが試される月になりそうです。

 

体調ひとつとってもそうですよね。
今は調子を崩している人がとても多いです。

昨日からの厳しい暑さでは、さらに調子が悪くなるのも仕方ないことだといえます。
でも、そういう中でもコンディションを整えようと最大限努めれば、ただ暑いから仕方ないと言っているだけよりずっといいはずです。

 

天候のことだけではありません。

これから起こることすべて、自分自身に起こること、周りに起こること、日本で起こること、世界で起こること。
どれだけ自分自身を見てあげられるかで、その影響を減らしていくことができます。

 

健やかに過ごしていきましょう。
心も体も。

健やかであろうとしましょう。
それがすべての調和へとつながります。

その気持ちがあれば、大丈夫です。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓

 


― お知らせ ―

↓変化に伴う霊と肉の不一致をセンタリングで解消しましょう↓
◆ 自由でオープンなスピリチュアルのお話会 ◆
様々な教えや方法のベースとなる本質を大切にしていますので
経験の有無や種類を問わず、どなたにもご参加いただけます。

日時:7月11日(月)10:00-11:30
会場:新宿区神楽坂 牛込箪笥地域センター
参加費:2,000円
内容:
 1.今のエネルギー(氣)状況と注意点・活用方法
 2.【今回のテーマ】スピリチュアル実践のコツはセンタリングです
 3.スピリチュアルなんでも質問コーナー
 ⇒詳細・お申込み

◆ 個別のご相談 ◆
お話会の質問コーナーでは話しにくいことや、日程があわない方には個別のご相談もございます。
詳細は こちら をご確認ください


<メルマガもどうぞ>
天地のエネルギー(氣)の状態、注目したいことなど、スピリチュアルなお話しをお届けしています。
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒『ほろ苦あまいメルマガ』登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。