瀕死のこの世の中で光が生まれ新しい世界が始まる:イエス

今日から2016年後半、新たなステージが始まります。

┃イエスのメッセージ

我々が歩んできた道は
無駄だったのでしょうか?

この道は滅びに向う道なのでしょうか?

押し寄せる疑念
悲しみ

見離されたという感覚

刑場の上で私を襲った感情

 

そこに差し込む光!

圧倒的な光!

既にある栄光を世に現せ!

我は神として神とともにあり

神の光としてこの世に復活する

 

始まりである!

 

┃瀕死のこの世の中で光が生まれ新しい世界が始まる

今回のメッセージは、刑場へ向い、磔になり、その後復活したとされる一連のできごとの中でのイエスの内面を表すものとなりました。

ちょっと宗教的色彩が濃すぎるので、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、最後の一文に注目してください。

始まりである!

これは、2016年後半のスタートなった今日に呼応したものです。
夏至を境に新たな世界に切り替わり、6月終わりの浄化の時期を経て、いよいよ本格的なスタートとなりました。

 

気象状況ひとつとっても、以前とは違ってきていることを多くの人が実感しています。
ありとあらゆる既存の価値観、常識が揺らぐ中で、当然疑いも出てきます。

大災害やら社会的危機やら、この先の未来は真っ暗のように思ってしまうかもしれません。
そして自分自身もそのような未来なのだと思ってしまうかもしれません。

イエスも十字架の上で神に向かって、なぜ自分を見捨てたのかと叫びました。

 

詳しい教義を知らない私の無理やりな解釈ですが、、、

この時、イエスは圧倒的な闇に晒されたからこそ、復活できたのです。
闇と光が両極のものであるなら、闇が極まったときこそが真実の光が現れるときだといえます。

 

であるならば。
今のどうしようもなく混沌とした世界の中に、圧倒的な光がある。

既にある栄光を世に現せ!

そしてその光は、元々あったものです。

 

イエスの身に起きたことは、この世界全体においても、私たち一人ひとりにおいても、起こることです。

すべてのものは、絶望の中だけに留まることはできないのです。
なぜなら100%の絶望など存在しないのですから。

ですから、沈み込まなくたって、いいのです。
世界は、あなたは、必ず復活するのですから。

 

復活とは、本来の姿を取り戻すことです。
ほんとうの姿になることです。

 

今、このときが。

復活の始まりです。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓

 


― お知らせ ―

↓変化に伴う霊と肉の不一致をセンタリングで解消しましょう↓
◆ 自由でオープンなスピリチュアルのお話会 ◆
様々な教えや方法のベースとなる本質を大切にしていますので
経験の有無や種類を問わず、どなたにもご参加いただけます。

日時:7月11日(月)10:00-11:30
会場:新宿区神楽坂 牛込箪笥地域センター
参加費:2,000円
内容:
 1.今のエネルギー(氣)状況と注意点・活用方法
 2.【今回のテーマ】スピリチュアル実践のコツはセンタリングです
 3.スピリチュアルなんでも質問コーナー
 ⇒詳細・お申込み

◆ 個別のご相談 ◆
お話会の質問コーナーでは話しにくいことや、日程があわない方には個別のご相談もございます。
詳細は こちら をご確認ください


<メルマガもどうぞ>
天地のエネルギー(氣)の状態、注目したいことなど、スピリチュアルなお話しをお届けしています。
メールとお名前(ニックネームも可)だけの簡単登録です。
いつでも購読解除できますのでお気軽にどうぞ。
 ⇒『ほろ苦あまいメルマガ』登録はこちら

<SNS:フォロー・友達リクエストはお気軽に>
・インスタグラム ・フェイスブック ・アメブロ


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。