今週のメッセージ*考え過ぎないようにしましょう:大天使ミカエル

はっきりしない天気の週初めとなりました。
今週のメッセージです。

┃5/9〜5/15今週のメッセージ:大天使ミカエル

ひとつ いいことを教えてあげましょう

一本道をひたすらまっすぐに脇目もふらずに進むのと
ぐねぐねと曲がりくねって道草を食ったりしながら進むのと

どちらがいいと思いますか?

正解は 
”どちらもいい”

ずるいですか?(笑)

理屈をつければどうとでもいえるのです
どちらがより優れているのかと

ですからどちらでもいいのです
どちらも間違っているのですから

”これしかない”
と選んだ時点でその道は誤りとなるのです

 


┃結果は結果であり最初から求めるものではない

今週のメッセージというくくりでいいますと、今週はあまり考え過ぎないようにするのがいいようです。
シンプルにやるべきことをやっていく、という感じです。

 

そしてここからは、もっと深くメッセージを読み込んでいきます。

*
目標・目的を決めてそれに向かって自分がすべきことをして成果を出す。
人として社会の中で生きていくうえでは必要なことですよね。

ですが、スピリチュアルな側面ではそれがあてはまりません。
目標を決めた時点でエゴの力が働いてしまうからです。

物理的なことと霊的なことでは違う、といえばあたりまえのように思えるのですけれど、つい私たちはどちらか一方で通用する論理をすべてに当てはめようとしてしまいます。

霊的なことを物理的なことに当てはめようとする例でしたら、願うだけで実際に行動しようとしない、とか。
こちらは意図さえすればその通りになる霊の世界の法則を、物理的な世界にそのまま持ち込んでしまった例ですね。

いくら霊的世界で起きたことは物理的世界に波及するといっても、まるきり物理的世界を無視したのではなかなかうまくはいきません。

 

そして、今回ミカエルが言っていることは霊的な世界のことだけのようにも思えますが、物理的世界にも当てはまることです。

人事を尽くして天命を待つ、というように、やるべきことをやるということと、結果に対する執着を手放すこととは別ですよね。
だとすれば、結果を求めないということと、行動を起こすこととは矛盾しません。

ですから私たちは、安心して行動すればいいのですよ。
だって、何をしたって、どうなったって、正解なのですから。

春になって新年度を迎えたときにやろうとしたこと、こうなりたいと思っていたこと、今行動に移せていますでしょうか?
思い描いていたことと自分とのギャップに失望している人もいるかもしれません。

でも、行為と結果と切り離してみれば。
答えは極めてシンプル、そうしようと思ったことをやればいい。
それだけになります。

純粋な行為はそれ自体に結果を含んでいます。
とにかく、あまりあれこれ考えたり理屈をこね回したりせずに、シンプルにいきましょう。

 


最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓


<ほろ苦あまいメルマガもどうぞ>
チャネリングの裏話や今注目すべきことなど、スピリチュアルなお話しをお届けしています。
⇒メルマガの登録はこちら

<アメブロ>
ほろ苦あまいブログの更新情報やお知らせ、日常の写真などを更新中です。
⇒アメブロ

<SNS :フォロー・友達リクエストはお気軽に>
ブログの更新のお知らせがメインです。
⇒ フェイスブック
愛猫ぼんたろうや風景、神社などを撮っています。
⇒ インスタグラム