ほんものの理知(ソード)はあたたかい:エア

今回はなぜか度々このブログに登場してくれる元素・空気(風、air)です。

 

私たちはどのようなところでも行くことができます

壁に仕切られていようとも
洞窟の中であっても

すべてに行き渡るこのしなやかさは
どこからくると思いますか?

私たちは一切自分の形を持とうとしないのです
水のように支えも必要ありません

土と違って自由です
火は私たちによって存在できます

このような私たちが
なぜ理知の象徴になるのかわかりますか?

冷たい剣ではないのです
理知を冷たいものとしたのが間違いなのです

大いなる包容である私たち
理知はあたたかさなのです

それがほんものの理性であり知性であるのです

 

┃ほんものの理知(ソード)はあたたかい:エア

タロットの小アルカナ・ソード(剣)は四元素の空気に対応するといわれています。
空気は理知を象徴していますが、ソードのカードは基本的に厳しい状況を表すことが多いのですよね。

実際のところ、なぜ厳しめになっているのかはわかりませんが、理知を冷たいものだと人がとらえているからではないか、とメッセージからは読み取れます。
確かに理論理屈ばっかりであの人は冷たい、とかいったりしますよね。

ですが、それはほんとうの理知ではないと。
空気の性質そのままの、どこにでも浸透する柔軟さを持っているのだと。

 

知識がある人は、そうでない人たちを見下して冷笑する傾向があります。

皮肉な目線を愚民に投げかけていたとしたら、その人はけして理知的ではないですよね。
真の理知は包容性があるというのに、偽りの理知は排他性の塊です。

ところが本人はまったく気づかない。
なぜなら、そうするのが当然だと思っているからです。
この攻撃性が、ソードなのですね。

 

私たちは今、ソードの攻撃をしやすい状況にあります。
知識も、攻撃対象も、ネット上に溢れかえっていますので。

自分は偽りの理知のワナにはまっているのではないか。
自分チェック項目のひとつに、加えたいところです。

 


画像:『ホワイトキャッツ・タロット』 “TAROT OF WHITE CATS” Lo Scarabeo

最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓


<ほろ苦あまいメルマガもどうぞ>
チャネリングの裏話や今注目すべきことなど、スピリチュアルなお話しをお届けしています。
⇒メルマガの登録はこちら

<アメブロ>
ほろ苦あまいブログの更新情報やお知らせ、日常の写真などを更新中です。
⇒アメブロ

<SNS :フォロー・友達リクエストはお気軽に>
ブログの更新のお知らせがメインです。
⇒ フェイスブック
愛猫ぼんたろうや風景、神社などを撮っています。
⇒ インスタグラム


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。