意志の向う先を常に意識すること:天の極北

真の真北、天の中心からのメッセージです。
人々が標とすべき北極星といえます。

┃天の極北のメッセージ

今あなたがどのようであろうとも

今あなたが行くべきところを目指すならば

それは既にあなたのものである

目指せ

志向しろ


┃意志の向う先を常に意識すること

今どうであるのかは、問題ないのですね。
今のあり方でゴールが決定されてしまうのであれば、この世の些細なことに振り回されているバカな自分など、とうてい行き着けないということになってしまいます。

だから、今のことなどどうでもいいのです。
今を言い訳にしないで、とにかく意志を正しい方向に向ける。
何度でも何度でも。
諦めず。

意志を向けたならば、未来に成果があるのではなく、「その時に」成就します。
意志が正しい方向に定まっていれば、心は高ぶることもなく落ち込むこともなく、ただ静かです。

心が静かであれば、この世において自分がやらなければならないことを、淡々とけれどもあたたかさを持って誠実に、こなしていくことができます。

自分の運命に恍惚とすることもなく、不安になることもなく。
太宰はこれに振り回されてしまったんですが。(二十世紀旗手)

だいぶ昔の話ですが、大学時代、キリスト教の講義に出てきた「太宰はアガペー(キリストの愛)を間違えて解釈していた」というフレーズがずっと心に残っています。

別に特定の宗教に限りません。
至高なるものを真から望めば、その意志を保ち続けることができれば、もうそれでいいのです。
逆にいうと、それこそが私たちには難しいのですけど。

だからこそ、今を言い訳にせずに意志を向け続ける。
それだけです。


最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓

<ほろ苦あまいメルマガ>もどうぞ
チャネリングの裏話や、メルマガ限定のメッセージなどをお届けしています。
⇒メルマガの登録はこちら

<フォロー・友達リクエストはお気軽に>
ほろ苦あまいブログ、アメブロの更新のお知らせがメインです。
⇒ facebook

愛猫ぼんたろうや神楽坂の風景、神社などを撮っています。
⇒ Instagram


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。