今年のうちにケリをつけよう:叡智の小箱

今日から12月です。
今年中に終わらせたいこと、今年中に始めたいこと。
様々でしょうが、ちょっと注意点があるようです。

叡智の小箱から得たインスピレーションです。

┃叡智の小箱より

  • 終わらせたいものは今年のうちに終わらせる
  • 始めたいことは来年から始める
  • 今年と来年とは大きく違う
  • 物質的思考に引きずられないように注意する

┃2015年12月と2016年1月はひとつづきではない

この年末年始は、いつもとはだいぶ違うようです。
それは、たんに新年になって気分も新たに、という程度のものではありません。

今ケリをつけたいと思っていることがあるのなら、今年中に終わらせたほうがよいでしょう。
逆に、新しく始めたいことがあるのなら、できるだけ来年からのほうがよいでしょう。

というのも、12月と1月とではまったく様相が違ってくるから、ということのようです。

すべての物事は、さらに強くその性質を膨らませていきます。
ですので、終わらせたいことを来年に持ち越すとそのまま引きずられ、切り離すのに非常な労力が必要になるかもしれません。

逆に、始めたいことを今年のうちに始めてしまうと、年が明けてから「やめておけばよかった」、ということになりかねません。
特に人間関係には慎重さが求められます。

もちろん、すべてが自分の意志でどうにかなるわけではありませんよね。
その場合は、とにかく距離を置くように心がけてください。
自分はその場にありながらも、自分の視線は離れたところにおいて淡々とやりすごすのが得策です。

┃お金に絡むことは要注意

特にお金に絡むことは、12月に新たにアクションを起こすと金銭欲の世界に巻き込まれる可能性があります。

お金に執着しないように気をつけましょう。
ケチケチせず、ガツガツせず、使うのも稼ぐのも当たり前、という感じで、こちらもまた淡々とするのがよいようです。

行動する場合は目的意識をはっきり持つことが大切です。
お金が第一目的にすり替わらないように、常に自分の意識がどこを向いているのか気を配るようにしましょう。

この2ヶ月は大きな変わり目になるということを頭の片隅に置いておけば、想定外のことが起こった時も冷静に対処できます。
2016年を軽やかな気持ちで迎えられるよう、この12月を大切にお過ごしください。


最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓

<ほろ苦あまいメルマガ>もどうぞ
チャネリングの裏話や、ブログではちょっと書けないフカい話などをお届けしています。
⇒メルマガの登録はこちら


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。