神と私たちはひとつ:イエス&八幡神

今日がクリスマスイブだからでしょうか、イエスが来てくださいました。

日中、私は筑土八幡にいったのですが、八幡様からいただいた言葉と重なる部分がありましたのであわせてご紹介します。

┃イエス&八幡神のメッセージ

【イエス】
神と私たちはひとつであると説きました

私の前にも、そして私の後も
神と私たちは隔たっているとされてきましたが

ただ私はお伝えするだけです
ひとつであるということを

そのために私はあるのですから

【八幡神】
私は堂々としている
お前もそうすればいい


┃神と言われているものと私たちの本質は同じ

イエスがいう神を特定の宗教のものだと区別する必要はありません。

神の他にも道(タオ)・天・自然などともいえますが、こうした呼称は宗教や生活の違いに応じて人間が便宜的に使っているものです。

もっと根本的な意味においての「すべてなるもの・大いなるもの・ソース・根源など」を、それぞれの価値観に照らして言い習わしたものといえます。

ところで少しでも精神世界に興味がある方でしたら、神と人は等しいというのはご承知かと思います。

それにほとんどの日本人は一神教の世界とは無縁ですので、神と人との隔絶というのはピンとこないのではないでしょうか。

でも、昨日の記事でも触れましたように私たちは幾つもの人生を経験しているのが普通です。
『あなたは愛されています:グレートマザー』

ですので、自分が気付かないまま過去の価値観に縛られて真実を受け入れることができないこともあります。

そこを乗り越える方法は様々でしょうが、どんなアプローチをとるとしても第一歩となるのは今の自分の決意です。

「あらゆる思い込みを超えて神と私はひとつであると知る」

神への思いが世界に満ちるこの時期に、きっぱりと自分に宣言するのもいいかもしれません。


最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓

<ほろ苦あまいメルマガ>もどうぞ
チャネリングの裏話や、メルマガ限定のメッセージなどをお届けしています。
⇒メルマガの登録はこちら


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA