混沌が生み出す「今」との不一致について

今、地球上にはますます混乱と混沌が広がっていると、多くの人が感じています。
そうした中で、「今」と不一致な状態にある人々をよく見かけます。
一見すると合っているようでも、何かしら違和感を感じることもあります。

いったい何が起きているのでしょうか?
叡智の小箱に問いかけてみました。

叡智の小箱より

  • 濁流の中で自分の信念にすがりついている
  • すがることは停滞、後退を意味する
  • 自分を頼りにすることと自分の信念を頼ることは違う

溺れる者は藁をもつかむ

今の私たちは、地球上に住んできた人々がこれまで経験したことのない状況にいます。
地球そのものが新しい領域にいこうとしているのですから、それは当たり前ともいえることですが、直面する者にとっては厳しいことです。

この先いったいどうなるのか、世界はどこに向かっていくのか、誰もわかりません。
その一方で、時はとてつもない速さで進んでいき、立ち止まってゆっくり思いを巡らせる隙すら与えてくれないようにも感じられます。

このような圧倒的な混沌の中、濁流に揉まれながら手を差し出し自分を支えてくれるものにすがろうと、必死でいるのが今の私たちの状況です。
それは、特定の人や組織や思想だったりするかもしれません。

でも、たいていの人たちはずっと賢いです。
外に頼るべきものはなく、自分自身を頼るしかないのだということを知っています。
多くの人が、自分自身の価値観・信念に基づいて行動しているようです。
ところが、そういう「賢い人たち」が自分の信念にすがりつくことが、不一致を引き起こす原因となっているのです。

すがることは即、停滞であり後退であるということ

激しい流れの中で何かにすがる、なんとか流れから抜け出ようとする。
それは正しい行為にみえますが、実は現状に留まることや後退を意味します。
なぜなら、私たちが今身を置いている流れは、変化への流れだからです。

私たちはとてつもないスピードの中で、いくつもの選択を迫られています。
そして、自分の価値観・信念に基づいて決定をくだし、流れの中を進んでいきます。
ところが、一旦その選択・価値観・信念を絶対のものとしてしまうと、途端に流れに逆らうことになります。
すべてが流れている状況の中では、過去にくだした選択・過去の状況においての価値観・過去の自分の信念は常に「過去のもの」であるからです。

今この時には既に、それは何の役にも立たない過去の遺物と成り果てているかもしれません。
ですから、どれほど自分の選択・価値観・信念に確信を持っていたとしても、それに固執したら今の流れとずれてしまうのです。

自分を頼りにすることと自分の信念を頼ることは違う

では、私たちには何も頼りにするものはないのでしょうか?
そんなことはありません。
自分自身を頼りにする、それはまったく正しいことです。

でも、少し勘違いがあるようです。
それは自分を頼りにすることと、自分の信念を頼りにすることは違うということです。
信念もひとつの思考パターンです。
私たちの中で生み出され、やがては消えていくものです。

そのような不安定なものにすがるのは、おかしな話です。
頼るべきものは、完全なものであるはずですから。
とすれば、頼るべきなのは私たちから生み出されたものではなく、私たちそのものです。

濁流の中での一瞬一瞬の選択は、やがては過去のものとなってしまう価値観や信念によってなされるのではなく、今の自分自身からなされるものでなくてはなりません。
価値観や信念に照らし合わせて、とかではなく。
今の自分の内側から湧き出る方向性にしたがって、今この時に何をすべきかを選ぶべきなのです。

なんだか難しいことのように思えますが、実はよくいわれていることです。
自分の内なる声、直観に従おう、ということです。
でもこれは、何も考える必要はないということではありません。
クリアに自分も他人も状況も見ていこうとする、明確な意識が必要になります。
そのうえで、自分自身の内なる声に耳を傾け、それに従うのです。

明確な意識、つまりどこまでも公平で客観的な視点で状況を見ようとする意志。
それが内なる自分、頼るべき自分としっかりつながるベースになります。
ただただ、「ハートに聞きましょう〜」と安直に言うだけで、自分の枠組みの中でしか考えられなければ、結果的にそのハートの声が単なるエゴということにも気付けません。

今の状況を冷静に、しっかりと受け止めることのできる精神力が求められています。
聖人ではないのだからそんなことは無理だと思うかもしれません。
でも、そうありたいと思うことは誰にでもできます。

自分自身という完璧なライフジャケットを誰もが身につけています。
ですから、流れにのまれることは決してありません。
流れに身を任せ、その流れが行き着こうとしているところに楽々とたどり着くことが、私たちの誰もができるのです。


最後までお読みいただきありがとうございます。
↓応援のクリックよろしくお願いします↓

<ほろ苦あまいメルマガ>もどうぞ
チャネリングの裏話や、ブログではちょっと書けないフカい話などをお届けしています。
⇒メルマガの登録はこちら


ちく
魂の本質 ―自由でオープン、活き活きした静けさ― を生きるためのスピリチュアルです。